SBCラジオ こんにちはドクター への出演

院長が(こんにちはドクター)に出演します。(放送日時 平成30年5月27日(日) 午前11:30〜11:45)

テーマ アレルギー性鼻炎の舌下免疫療法について

アレルギー性鼻炎の根治を期待できる舌下免疫療法について具体的にわかりやすく解説します。

興味のある方は、ぜひお聞きになってください。

 

 

(ミティキュア)ダニ舌下免疫療法について

(5歳以上が対象)

ダニ舌下免疫療法(ミティキュア)を開始いたします。季節に関係なく症状が出る通年性アレルギー性鼻炎の根治療法です。治療を希望される方、少しでも興味のある方は早めにご相談ください。

平成30年2月から5歳以上で行うことができるようになりました。(それまでは12歳以上)。

【注意】治療を始める前に、問診や諸検査で適応を確認する必要があります。(合併症や年齢、原因抗原の種類等から全てのアレルギー性鼻炎の患者様に施行できません)

 

 

(シダトレン)スギ舌下免疫療法について(平成30年)

(12歳以上が対象)

スギ舌下免疫療法(シダトレン)はスギ花粉飛散が終了した6月から開始いたします。治療を希望される方、少しでも興味のある方は早めにご相談ください。

【注意】治療を始める前に、問診や諸検査で適応を確認する必要があります。(合併症や年齢、原因抗原の種類等から全てのアレルギー性鼻炎の患者様に施行できません)

 

 

アレルギー検査について

採血で36項目の抗原をチェックできます。お子さまなど採血が難しい方には手の指先からの少量の血液で陽性頻度の高い8項目を調べられる迅速検査キットを導入しました(約20分で判定できます)。アレルギーの原因抗原を知ることは治療選択の上でも非常に重要です。興味のある方はお気軽にご相談ください。

 

 

耳漏(みみだれ)の治療(ブロー氏液)

MRSA 緑膿菌等の抗生剤が効きにくい細菌や真菌(カビ)による耳漏に悩む患者さまが増えています。当院はブロー氏液による治療を行っています。耳漏でお悩みの方はご相談ください。

※ブロー氏液

抗生剤による一般的な治療で改善しない外耳炎中耳炎がブロー氏液による数回の処置で劇的に改善することが報告され最近注目されています。市販されていない薬のため、各医療機関ごとに調剤する必要があります。内耳障害の危険もあるので適応および使用法には注意が必要です。自宅で使用することはできません。 

 

 

補聴効果測定装置の導入

難聴の患者さまが補聴器を使ってより快適に生活していただくためには補聴器装用の効果を正確に評価する必要があります。当院は補聴効果測定装置で補聴器が有効であるか評価しています。(補聴器適合検査の施設基準) 

 

 

院長が頭頸部がん専門医―指導医(日本専門医機構、頭頸部外科学会認定)に認定されました。

201711月現在 長野県内の有資格者数

指導医 1(院長)

専門医 1(院長)

暫定指導医 2(信州大学附属病院、長野市民病院 各1)